Case1 株式会社カンナ 【福岡市東区】

まずは「やってみよう」の一歩から。

 


代表取締役社長 鉄穴 英明さん

 

 
エステティックサロンの直営店の運営を中心に、レストランや太陽光事業も展開する株式会社カンナ。
身体に障がいがある方は1名雇用しているものの、精神や知的面に障がいのある方の採用には実績がなく、少し不安だったといいます。

社長「当社としては、もう一人採用したいものの、正直大丈夫なんだろうかと。
そこで、まずは障がい者雇用についての説明会や相談会に参加してみたんです」

やってみないとわからない、と意欲的な鉄穴社長は、相談会に参加していた中村さんと対面。
実習やトライアル雇用などを通して、正式に採用となり、4月で1年を迎えます。

 

経営者が率先して声をかけることで、元気になる!
時間がかかっても、成長を感じられる職場に!

 

本人用の仕事を切り出し、できたら評価。

 

社長 採用した中村さんは、明るくハキハキとしていて、話していると障がいがあることを忘れるくらい。
当社としては、『出社する』癖をつけてもらうことを第一にしつつ、無理はさせない。
遅刻しても叱らないし、体調が悪かったら休みなさいと言う。

会社のシステムの中に組み込んでしまうとプレッシャーでつぶれてしまうので、ゆっくり育ってくれればと思っています。

加えて重要なのは、本人に任せる仕事の作り方だと思います。

本人のために、新しい仕事を作ることもあります。
例えば、高圧洗浄機にチャレンジしてもらいガラス磨きをしてもらったり、私の一日のスケジュールをラインで送ってもらったり。
正直、とても助かっていますし、評価するとやりがいを感じるようですよ。

 

「できなくても当たり前」くらいの認識で。

 

質問 一方、社内の受け入れ態勢はどのように整えたのでしょうか?

社長 担当を付けるなどサポート体制は整えましたが、逆にサポートする側がエネルギーと神経を使いすぎて倒れてしまっては意味がありません。

本人に伝わらなくても、仕事がなかなかできなくても、社内では『そういうものなんだ』と認識する。
ここが重要です。
時には社員同士、言葉や気持ちのすれ違いなどはあるようですが、それは障がいの有無に関わらずですよね。

ですから、できるだけ私が直接コミュニケーションを取り、仕事のこともプライベートの話もします。
仕事についてはオーバーなくらい褒めて、自身で成長を感じてもらえればもっと成長してくれると思っています。

 

本人にも担当者にも、負荷をかけない体制づくり。

 

質問 代表自らが中村さんを支えるとともに、担当者に必要以上の負荷をかけないよう気を配る。
担当者を楽にすることが、職場内のチームワークにもつながるし、中村さんが気を遣わずに仕事に専念できることにもつながるのですね。

社長 中村さんは頑張りすぎるところがあり、仕事を引き受けすぎて体調を崩したこともありました。
仕事の調整や優先順位をつけたりするのが苦手なようですが、やればいろんなことができる能力はあります。

調子のいいときにいろんなことに挑戦してもらい、できたら褒めたり、ありがとうを伝えたりする。
期待しすぎず、慌てず、長い目で見れば必要な人材に育ってくれるでしょう。
まずは1年を目標に頑張ってほしいですね。

 

 

 

 

具体的な指示があれば、仕事が進めやすい。
連絡ノートの活用で、誤解も解消。

 

 

中村さん(本社事務) 
4月から、本社で事務補助の仕事をしています。
具体的には電話の取り次ぎや、社長がお客様と話しているときにメモを取ったり、
お客様のご案内をしたりしています。

またエステサロンが忙しい時は、電話対応のお手伝いをしたりしています。

学生の頃から、周囲と馴染めないことに違和感を感じていました。
コミュニケーションをとるのが上手でなく、気になることがあると集中できなくなります。

例えば、誰かがドアを勢いよく閉めたら、「私、何か悪いことしたかな」と、そのことばかり気にしたり。
誰かが冗談を言っても、「冗談だよ」と言われない限り、もしかしたら本気なんじゃないかと不安になったり。

それをもとに、必要な時は話し合ったり、面談したりして、解決するようにしてもらっています。

 

 

障がい者として働くのは初めてだったので心配でしたが、担当の平山さんが親身に話を聞いてくれて、
とても助かっています。
できる仕事も少しずつ増えてきていますが、優先順位が見えない仕事は苦手なので、例えば「これが終わったら、次はこれをしてね」とか、
「これを何個作ってください」とか、具体的な指示があると黙々とできます。

できるだけ長く働いて、職場に定着し、会社に貢献できるようになりたいと思っています。

 

問題があれば、人事担当者と連携して都度解決!

 

 

〔担当〕本社事務/平山 恭子さん  
職場体験で会った時の印象は、明るくて笑顔がある方だなと感じました。
中村さんは、明るく積極的でした。

今は、店舗の売り上げの集計や入力、電話対応やブログ集計、事務アシスタントなど、
多岐にわたる仕事を少しづつ覚えてもらっております。

仕事中、精神的に不安定になって涙が出たりすることもあって、その時は休憩所で気分を変えてもらったり、
人事担当者を含めて面談をしたりして、中村さんが納得できるよう努めています。

私も、中村さんが休みがちになってしまったときは、「何が悪かったのかな」と自問自答することもありました。
気になることは、その都度話すようにして、話し合う時間がない時は、連絡ノートを活用しておりました。

中村さんが気になることや、嬉しかったことなど何でも自由に書いてもらうようにして、状況が分かりやすくなりました。

中村さんにはぜひやりがいを見つけていただき、仕事が楽しくなるようになってほしいと思っています。
責任のある役割もこなせるように成長してほしいですね。

 

株式会社 カンナ

【事業内容】
直営エステティックサロンKARENの運営、
美容機器・化粧品の製造販売、
レストラン事業、太陽光事業

●所 在 地/福岡市東区松崎1-7-1 カレンビル
      ℡092-674-4488
●従業員数/150名
●HP/http://www.karen-kanna.co.jp

 

 



TEL:092-733-3925

■事業主体:福岡県福祉労働部労働局新雇用開発課
■事務局:株式会社綜合キャリアトラスト